• ホーム
  • 株主優待を上手に入手して生活を便利に!

株主優待を上手に入手して生活を便利に!

グラフを指差している指

株式投資をすることのメリットのひとつが「株主優待」です。
権利日までに取得しておけば、自動的に株主になって優待をもらうことができます。
配当をもらうだけの投資よりも、現物がもらえることでぐっと投資の楽しさも広がりますね。
どのような銘柄を買うか選び方に迷った時には、おすすめの株主優待から探してみるのも良いです。

株主優待で貰えるものは、大きくわけると2種類あります。
自社製品と、自社製品ではないものです。
商品自体に自信がある会社では自社製品を株主優待として用意してくれています。
自社製品ですので定価にすると利回りの高いものをいただけることが多いため、株主のメリットも大きくなります。
会社側も、自社製品を使用してもらうことでその製品を広めることができるというメリットもあるため、相互に取って利益が大きいようですね。

物の場合は本当に欲しいものではないと使い道がなくて困ってしまいますが、商品券になるとそのお店のものならどれでも選び放題というメリットがあります。
外食産業では、自社のグループ店で使用できる商品券に人気があります。
そのまま金券として外食する際に使えますので、とても便利です。特にグループ店が幅広く使い勝手が良いほど人気があります。

株主用のカタログを用意してくれて、その中で好きなものが選べる株主優待も人気があります。
すでに商品が固定されている場合とは違って、選択肢が広がることで自分の欲しいものを手に入れることができますね。

どんな株主優待がいいか迷った時の選び方は、人気ランキングやおすすめから選んでみると良いですね。
また選ぶ時にチェックしたいのが、優待込みの利回りです。
優待と配当金をプラスして現在の株価に対してどれくらいの利回りか計算してみましょう。
株主優待の内容によっては人気が集中してしまい、割高になっていることもあります。
欲しい優待を見つけたら急いで買うのではなくて、数ヶ月に渡って株価を調べてみると高値掴みすることも避けられます。

日常生活で役立つ株主優待がもらえる銘柄はどれ?

日常生活で役に立つ株主優待は、なんといっても食費の節約になる優待です。
食費は必ずかかってくるものですし、消費税が上がっている今、少しでも節約したいと思っている人は多いはずです。

外食産業の中でのランキング上位は、すかいらーく、日本マクドナルドHD、ブロンコビリーです。
いずれもお食事券ですが、比較的安く外食を楽しめるお店ばかりです。
出かける人数によっては全額を支払えるとは限りませんが、株主優待があれば外食費の節約になりますね。

自社製品を詰めて送ってくれるカゴメ、キリンHD、湖池屋、アサヒHDも人気があります。
どれも知名度の高い会社ですので、商品にも自信があることが分かりますね。
子どもがいる家庭ではどの銘柄も助かること間違いなしです。

そして日本人なら欠かすことができないお米の優待にも人気があります。
お米は自社製品ではありませんが、お米の優待を用意している会社は多いですね。
ソルクシーズ、久世、イオンファンタジー、エコス、カスミなど比較的低予算で買える銘柄が揃っています。
一人暮らし、夫婦のみなどの世帯なら優待だけでお米を間に合わせることもできるでしょう。

さらに現金に近い形で使い勝手が良く、人気があるのがクオカード銘柄です。
クオカードはコンビニ以外にも一部のファミレスで使用できます。
現金のように使えるのに、配当とは違って税金が掛からないというメリットもあります。
システム情報、ビーアールHD、エスクリ、トレジャーファクトリーなど10万円以下で買える銘柄が並んでいます。

一度に貰えるクオカードは500円や千円がほとんどですが、ある程度たまってから使っても良いですね。
コンビニは定価販売なのでスーパーなどでのお買い物より高くついてしまいますが、非常時用に残しておけば便利なことは間違いありません。

関連記事