• ホーム
  • IPO株に当たると利益を出すのは容易

IPO株に当たると利益を出すのは容易

IPOは新規上場のことで、IPO株を購入する方法は取扱いしている証券会社に申込みをして、抽選に当たると購入できます。
企業は、株式を市場に上場させることによって広く資金を集めます。
上場させる時は注目を集め、売れ残りが出ないようにするため、最初に設定する公募価格を低く設定します。
市場に上場している株を購入する時でも、企業の業績に対して株価の水準が高いか低いかを見て投資します。

IPO株も、上場する時の業績などから株価が割安か割高か判断できます。
その1つにPERがあり、これは株価収益率とも呼ばれています。1株当たりの収益を表す数値で、同じ業界の水準などとも比較できます。
公募価格のPERは、同業種のPERに比べて割安になっていることも多いです。
企業の業績などに比べて価格を安く設定することで、IPO株が市場に上場する時には、株価が上がりやすく利益が出やすくなります。

IPO株は、公募で購入すると手数料がかかりません。
申込みをする時も、手数料を払うこともありません。購入にかかるコストを抑えることができるので、その分利益が出やすいです。
通常の取引では、売買ともに手数料がかかるので、利益を出すためには、売買コスト以上に株価が上がる必要があります。
売却する時には通常の手数料がかかりますが、手数料は片道分ですみ、公募価格に売却コストを含めた分以上に株価が上がれば利益がでます。
上場したばかりなので、今後の成長も期待できるので初値で売却せずに、長期保有で値上がりを待つ方法もあります。

株式投資で難しいのが売却のタイミングです。
IPO投資は上場前の公募で株を購入して、市場に上場した日の初値で売却して利益を出す投資手法です。
初値で売却することをあらかじめ決めて購入するので、色々な情報を入手して株価の動向を考えるなど、売却のタイミングで悩まなくてすみます。
そのため、売却のタイミングを逃して利益が出なかったという失敗を少なくできます。

初値上昇が期待できる例とは?

IPO株でも全てが初値で公募価格より上がるわけではありません。
経済情勢が悪く相場環境が悪い時は、良い銘柄でも公募価格割れをしますが、初値上昇が期待できる銘柄には共通点があります。
上場する企業に競合他社がいない場合です。
競合他社がいないので、今後の成長への期待が高くなり買われやすくなります。

また、有名な企業だと人気も出やすくなるので、さらに上昇が期待できます。
公募の株数が少ない場合も、初値上昇が期待できます。

IPOは、需給の関係で大きく左右されます。
公募数が少ないと、抽選に当たる人が少なくなるので、上場後に購入したい人が増えるため上昇が期待できます。
公募の規模が小さい程、市場の注目度が高くなる傾向があります。公募の規模は、市場から資金調達をする総金額です。
金額が少なくなると、売買高が少なくても初値が上昇しやすくなります。

公募で購入した人は初値で売却する場合も多いので、初値で上昇するためにはそれ以上の買い注文が入る必要があります。
金額が少ない程、買い注文が少なくても上昇しやすくなります。
その時の人気のある業種が上場する場合は、市場の注目度も高くなり上昇が期待できます。

相場にIPOに関わらずトレンドがあります。
トレンドの業種は、今後の成長が期待されているため購入したい人が多くなります。
上場する市場によっても、上場後の初値に影響を与えます。
成熟して大企業が上場する市場より、新興市場に上場するIPOの方が人気はあります。

新興市場に上場する企業は、ベンチャー企業などで、これから成長する可能性がある企業です。
ある程度成熟した企業よりも、大きく成長して公募価格よりも大きく値上がりする可能性が高くなるも人気の理由です。

関連記事